呼吸。

2011-11-25

今日は、演奏中の「呼吸」について書きたいと思います。

「呼吸」。
歌ではもちろんブレスを取らないと苦しくて歌えなくなってしまいますので、
フレーズの切れ目などでブレスを入れますよね。

でも、鍵盤楽器や弦楽器は、呼吸を敢えて意識しなくても演奏できてしまう為、
初心者の方などは特に忘れがちになってしまうようです。

レッスンでよく「ここでブレスを取りましょう」というアドバイスをするのですが、
呼吸を意識するだけで、演奏は変わります。
私もよく先生から「歌って」と言われていました。
「歌う」ことは呼吸しなければできません。

先日、伴奏のお仕事をさせていただいた合唱サークルさんでも、その大切さを実感しました。
2週続けて同じ曲を練習すると、当然ながら2週目の方が皆さん上手に歌えてきます。
私のピアノは変わらないのですが、歌が上手になると伴奏も弾きやすくなり、
歌と一体となって伴奏しているという感覚を覚えます。
最初は音と歌詞を追うことに一所懸命になってしまうのが、
覚えてくると呼吸が自然とできるようになってくるんでしょうね。

楽器の伴奏でも、上手い人の伴奏をすると、
普段の自分の力以上に弾けたりするものです。
演奏者と伴奏者の呼吸が一つになると、本当に集中して気持ちの良い演奏ができます。
それを味わいたいが為に伴奏を引き受けたりするのです。

また、私の師匠である中野先生は指揮者としてのお仕事もされていた方なので、
よく私のピアノに合わせて隣で指揮をしてくれます。
そうすると、私のピアノにいつも以上に命が吹き込まれたかのように
自然と弾けたりするんです。
いつも「私ってこんなに弾けたっけ?」という錯覚(?)に陥ります。

指揮者の力って大きいですよね。
普段とは呼吸が違うんです。
意識しているつもりでもまだまだなんだなと反省するのですが

来月は大人の生徒さん達のクリスマスミニコンサートがあるので、
それに向けて頑張らないと♪
私も生徒さんも、歌うように素敵な演奏ができますように★


コメントを書く







コメント内容


Copyright© 2011-2017 ピアノ教室 PIACERE All Rights Reserved.Website is created by pianohp.com