イタリア旅行③

2011-12-10

今日は1枚だけご紹介します。

こちらはフェニーチェ劇場です。
ミラノのスカラ座、ローマのオペラ座と並んで、イタリアを代表するオペラハウスです。

イタリア語でフェニーチェとは不死鳥を意味します。
1773年に火災で焼失したヴェネツィアの他の歌劇場の
後継を自負して名付けられたそうです。
その後この劇場自体、1836年と1996年の2度にわたって火災により全焼しましたが、
その都度再建がなされ、「不死鳥」の名にふさわしい歴史を誇っています。

1996年に全焼してまた再建されたということは、比較的新しい建物です。
でも、中は作られた当初のままを再現されているそうで、見学もできます。
しかしこちらも時間がなく見学できなかった為、次回にリベンジしたいです。
写真でしか見たことがありませんが、キラキラの金箔が輝く、
宮殿のような内装なんですよ!
そんな場所で、本場のオペラをぜひ体験してみたいですよね。

ああ、絶対もう一度行かなきゃ!


コメントを書く







コメント内容


Copyright© 2011-2017 ピアノ教室 PIACERE All Rights Reserved.Website is created by pianohp.com