集中力を養う♪

2013-11-22

「ウチの子は集中力がなくて…」 


レッスンにいらっしゃるお子さんのお母様が よく仰る言葉です。
集中力を持続させることは、 私たち大人でもなかなか難しいことですよね。

私も実は飽きっぽい性格です(^_^;) 

 
特に小さいお子さんは、30分のレッスンの間中 ずっと集中しているなんて、

至難の業です。 

 
なのでレッスンの中では ピアノを弾いたり歌を歌ったり

ワークをやったりなどして気分転換をはかり、

常に集中していられるように工夫しているのですが、

家での練習の時にはどうすれば良いのでしょうか?

これもよく質問されることです。 
効果的なのは、

「短時間の練習を繰り返し行う」

という練習法です。 

 
30分続けて練習するよりも、 宿題になっている曲を1回弾く

(大体5分もあれば十分ですよね)

ことを、時間を決めて1日3回やる。

それだけでも、小さいお子さんには十分な練習です。 

 
それを繰り返すことによって 少しずつ練習するという習慣も身に付いてきますし、
曲が難しくなってくれば自然と練習時間も延びていきます。 

 
ポイントは、時間を決めてということです。 

 
時間が決まっていなくてただ「1回弾く」というだけだと、

なんだかんだ「あとであとで」となって 「今日は結局できなかったな~」

なんてことになります。 大体の人は絶対になります。 

 
 「練習をやりたがらないから練習はさせません」

ごく稀にこんなことを仰る親御さんもいらっしゃるのですが、

それでは集中力は育ちませんし、 ピアノの上達にも時間がかかってしまいます。 

 
 1日3回弾くことが難しければ、まずは1回でも良いです。

「○時になったら1回ピアノを弾こうね!」

こんな感じで時間を決めて宿題の曲を1回弾く。 

 
「ウチの子は集中力がなくて全然練習しないわ~」 

 
 なんていうお悩みをお持ちのお母様方は、 ぜひぜひ始めてみてくださいね。

 少しずつでも、必ず変化が訪れるはずです♪


コメントを書く







コメント内容


Copyright© 2011-2017 ピアノ教室 PIACERE All Rights Reserved.Website is created by pianohp.com