ピアノ先生ブログ

集中力を養う♪

2013-11-22

「ウチの子は集中力がなくて…」 


レッスンにいらっしゃるお子さんのお母様が よく仰る言葉です。
集中力を持続させることは、 私たち大人でもなかなか難しいことですよね。

私も実は飽きっぽい性格です(^_^;) 

 
特に小さいお子さんは、30分のレッスンの間中 ずっと集中しているなんて、

至難の業です。 

 
なのでレッスンの中では ピアノを弾いたり歌を歌ったり

ワークをやったりなどして気分転換をはかり、

常に集中していられるように工夫しているのですが、

家での練習の時にはどうすれば良いのでしょうか?

これもよく質問されることです。 
効果的なのは、

「短時間の練習を繰り返し行う」

という練習法です。 

 
30分続けて練習するよりも、 宿題になっている曲を1回弾く

(大体5分もあれば十分ですよね)

ことを、時間を決めて1日3回やる。

それだけでも、小さいお子さんには十分な練習です。 

 
それを繰り返すことによって 少しずつ練習するという習慣も身に付いてきますし、
曲が難しくなってくれば自然と練習時間も延びていきます。 

 
ポイントは、時間を決めてということです。 

 
時間が決まっていなくてただ「1回弾く」というだけだと、

なんだかんだ「あとであとで」となって 「今日は結局できなかったな~」

なんてことになります。 大体の人は絶対になります。 

 
 「練習をやりたがらないから練習はさせません」

ごく稀にこんなことを仰る親御さんもいらっしゃるのですが、

それでは集中力は育ちませんし、 ピアノの上達にも時間がかかってしまいます。 

 
 1日3回弾くことが難しければ、まずは1回でも良いです。

「○時になったら1回ピアノを弾こうね!」

こんな感じで時間を決めて宿題の曲を1回弾く。 

 
「ウチの子は集中力がなくて全然練習しないわ~」 

 
 なんていうお悩みをお持ちのお母様方は、 ぜひぜひ始めてみてくださいね。

 少しずつでも、必ず変化が訪れるはずです♪

『ピアノの練習ABC』セミナー♪

2013-11-19

何人かの生徒さんが使用している
『ピアノの練習ABC』。

ちょっとサイズが大きい楽譜なんですが、

練習曲なのにとても綺麗なメロディーの曲ばかりで、

お気に入りの教本です。

 
このテキストのバックアップセミナーが明後日行われます。

講師は大阪の石嶺尚江先生。

(画像クリックで拡大します)

 

セミナー会場は草加なので少しうちからは遠いのですが、

明後日はレッスンが夕方からなので、 車を飛ばして行ってこようと思います♪

 
セミナーの後には先生との昼食会も開かれるようで、

いろいろなお話が聞いてこられそうです。

 
まだ定員に空きはあるようなので、ご興味のある方はぜひ!(^^)!

Happy Birthday★Mickey♪

2013-11-18

今日はミッキーマウスの誕生日だそうです。 

 
ミッキーマウスと言えばディズニー。
ディズニーと言えば名曲の数々。 

 
私はディズニーの音楽が大好きです(^u^) 

 
 1月に行われる発表会では、プログラムにディズニーの曲を たくさん組み込みました。 

 
ミッキーマウス・マーチ、ビビディ・バビディ・ブー、美女と野獣、ハイ・ホー、

エレクトリカル・パレード…などなど。

聴いたり弾いたりするだけで幸せになれるような曲ばかりです~♪ 

 
生徒のみなさん、ただいま一所懸命練習中ですので、
聴きにいらしてくださる方々は楽しみにしていてくださいね!(^^)!

陽気でいること♪

2013-11-16

今日、ネット上で開運おみくじなるものを引いてみました。

結果は… 『凶』 ( ̄  ̄;)!!ガーン

でも、開運アドバイスがおもしろかったんです。

「陽気でいることが、肉体と精神の最上の健康法である。」

これ、ある有名な女性の言葉だそうです。
誰かというと…。

このお方。

  ↓

そう、ジョルジュ・サンド です。

ジョルジュ・サンドは、フランスの女流作家であり、ショパンの恋人。

男装の麗人としても知られていますよね。

 

上記の言葉は、彼女の名言のうちの一つです。

この言葉、すごく良い言葉だと思います。
以前、「よく笑う人はなぜ健康なのか」という本を読んだことがありました。
 ポジティブな感情は人体にもポジティブな効果を及ぼすと言われています。
つらい時にでも無理に笑顔を作ると、脳は「楽しい」と勘違いするそうです。
いやなことがあるとついつい仏頂面になってしまいがちですが、

それはやっぱり良くないですよね。
 誰だってしかめっ面の人よりもにこにこしている人のそばにいるほうが良いって思うはず。
だから私も、たとえ『凶』が出たとしても、 明るく陽気に1日を過ごしたいと思います。
楽しくなれそうな曲でも弾こうかな♪

音楽も笑顔と同じで、楽しい曲を聴いたり演奏したりすると

 気分が上がってきたりしますもんね。 


皆さんも、今日はちょっと調子が悪いな…なんていう時は、

わざと笑顔を作ったり楽しい音楽を聴いてみたり演奏してみたり、

してみてくださいね。

あ、そういう時はあまり難しい曲じゃない方が効果的かも :roll:

結婚式でのサプライズ演奏♪

2013-11-15

10年近くレッスンに通われている I さんという 大人の生徒さんがいらっしゃいます。

 先日、I さんの娘さんが結婚式を行い、私も参列させていただきました。

披露宴では演奏も頼まれていたので、I さんからリクエストいただいた

 リストの「愛の夢」と、ショパンの「ノクターン第2番」を演奏しました。

そしてその私の演奏のすぐあとに、素敵なサプライズがあったんです!

 

私の演奏が終わって拍手をいただいている中。

「ここでサプライズがございます!新婦のお母様です!!」

司会者の方の声に颯爽と席を立ち、ピアノの前に座る I さん。

このことは本当に誰も知らなかったようで、

新婦である娘さんも目を丸くして驚いていました。
「えー、ママ、ほんとに!?」

まさかお母様が演奏なさるとは思っていなかったようで、

少し心配そうにピアノの隣でお母様を見守ります。

 
そして、私とI さんの連弾演奏が始まりました。

( I さんにはソロ演奏も勧めたのですが、1人では不安ということで、連弾になりました)

 曲目はメンデルスゾーンの「結婚行進曲」。

最後はジャズ風にカッコ良くアレンジされていて、華やかに終わります。


演奏が終わると、私の演奏の時よりも大きな拍手が起こりました!

サプライズ大成功です♪♪

会場は大いに盛り上がりました!(^^)!

 
演奏が終わってしばらくした頃、I さんがにこにこした顔で

「周りの方がすごく喜んでくださって、演奏して良かったわ。先生ありがとう」

 と仰ってくださいました。

実は、新郎のお父様は無口な方らしく、

I さんはうまくコミニュケーションを取れていなかったそうなんです。

 でも演奏後にはそのお父様が自ら I さんに話しかけてくださって、

 「ピアノが上手なんですね!とても良い演奏でした」

 と言ってくださったようです。

「演奏したおかげで人間関係が良くなったわ」

I さんがそう仰ってくださり、私も

ピアノを教えてきて良かったぁ 。*゚+.*.。(感´∀`動)゚+..。*゚+

と改めて感じました。


音楽は人間関係まで良くするんですね♪

やっぱり芸術って素晴らしい♪♪♪

 

これから身近な方がご結婚なさるという方、こんなサプライズはいかがでしょうか?

素敵な思い出になりますよ~(*^_^*) お勧めです!

 

 

 

Copyright© 2011-2017 ピアノ教室 PIACERE All Rights Reserved.Website is created by pianohp.com