ピアノ先生ブログ

お問い合わせいただきました方へお知らせです。

2017-08-19

こんにちは。
さいたま市東大宮にてピアノ講師をしております
長谷川絵里子です。

最近お問い合わせいただきました方の中に、

メールアドレスが不明となってこちらから返信ができない方がいらっしゃいます。

もし、お問い合わせいただいて1日以上経っているのに返信がないという方は、

お手数ですが再度ご連絡いただきましても宜しいでしょうか?

どうぞ宜しくお願い致します。

メールアドレス:pianopiacere@gmail.com

 

音楽は、記憶の扉を開ける鍵♪

2017-07-30

こんにちは。
さいたま市東大宮にてピアノ講師をしております
長谷川絵里子です。

先日、TVで「音楽は記憶の扉を開ける鍵」だと紹介されていました。

子供の時に歌った歌、
若いころに流行した歌などを聴いたり歌ったりすると、
昔のことを思い出して脳が活性化されるそうです。

私は以前、認知症の方たちが入院する病院で、
音楽療法の仕事をしていたことがありました。

その時も、やはり認知症の方たちと一緒に
昔の曲を一緒に歌ったり、
歌に合わせて身体を動かしたりということを行っていました。
皆さんその時は顔が生き生きとして、
「昔この曲よく聴いてたのよ~」と
にこにことお話してくださっていました(*∩ω∩)

また、お一人お一人のお部屋を回って
歌をお聞かせするということもやっていたんですが、
その時には、昔を思い出して涙を流される方もいらっしゃいました。

音楽って、記憶と直結しているんですね。
音楽療法

聴いたり歌ったりするだけでなく、
さらにピアノを弾くことをしていくと、
脳はますます活性化されていきます。

ピアチェーレでも、最近は子供さんはもちろん、
老後の趣味を兼ねた認知症対策として
レッスンにいらっしゃる大人の方が増えてきています。

ちょっと長くなってしまうので、
次回のブログで、具体的に
「なぜピアノが認知症の予防になるのか?」を
書いていきますね♪
大人のピアノ

発表会おわりました

2017-05-15

さいたま市見沼区東大宮のピアノ教室 PIACERE~ピアチェーレ~
講師の長谷川絵里子です。

約半年ぶりの更新となってしまいましたが…

無事に、2017年度の発表会を終えることができました
ご協力くださった皆様、ありがとうございました!
そして生徒の皆様、お疲れさまでした(^^)

正直、間に合わないかも…i238
と思った生徒さんもいらっしゃいましたが、
皆さん追い込み練習を頑張ってくださり、
当日は立派に演奏されていました(o‘∀‘o)*:◦♪

やっぱり、発表会があると皆さん成長しますね~i184
発表会の為にいつもよりも難しい曲にチャレンジしてきちんと仕上げて…
教えている私でもびっくりするくらい上手になった方もたくさんいらっしゃいますi189

私自身も、久しぶりに比較的思い通りの演奏ができたかなと思いますe291
演奏を聴いた、褒めることの少ない先生も今回は褒めてくださいました~ヽ(≧∀≦)ノ

凄く頑張ってソロ曲を2曲仕上げたRちゃんe343
素敵な「ジュピター」を聴かせてくれました(´ω`人)

姉弟で連弾i194
二人がこんなに弾けるなんて先生は知りませんでした(笑)

こちらは親子連弾i261
お母様はピアノ歴5年、息子さんは12年.゚+.(・∀・)゚+.

皆さんお疲れさまでしたi175

いただいたお花を持って娘とv(o゚∀゚o)v
2年後くらいの発表会には彼女も出てくれるかなと思いますi262

素敵なお花ありがとうございましたv254

また来年の発表会に向けてレッスン楽しんでいきましょうねp(*^-^*)q

「音育」とは

2016-11-21

最近「音育」という言葉が注目されてきています。

音楽経験を通じてはぐくまれる力は、楽器を弾ける技術だけではありません。

歌や楽器の練習を重ねること→「記憶力」「集中力」

音を聞き分けて処理する力→「言語能力」

その他にも「想像力」「積極性」「感性」

などたくさんの能力が育まれます。

こちらのページにもまとめてありますので、ご覧くださいね。

東大生の半数以上がピアノを習っていた、というデータからも、

小さい頃からの「音育」がいかに有効かお分かりになるかと思います。

何よりもママやパパなど、大好きな人たちと一緒に音楽を楽しんだ経験は、

人生を豊かにしてくれるはずです。

ピアチェーレでは、1歳のお子様からレッスンを受け付けています。

それぞれの成長に合わせた内容で行いますので、

まずは体験レッスンにいらしてみてくださいね♪

 

 

おすすめ絵本のご紹介♪

2015-07-15

今日は、おすすめの絵本をご紹介いたします。

『ピアノはっぴょうかい 』ブロンズ新社

みやこし あきこ著

pianohappyokai

こちらの絵本は、
初めてのピアノの発表会の様子を、
現実的な部分とファンタジーな部分の両方で描かれた物語です。

【あらすじ】

ももちゃんの、はじめてのピアノはっぴょうかいの日。

舞台のそでで出番を待っていると、
「わたしたちも、はっぴょうかいしているの。みにおいでよ!」
とこねずみが話しかけました。

ちいさなドアの向こうで、
ねずみたちが楽しそうにはっぴょうかいをしています。
<Amazonより>

先日9月の発表会のご紹介をしましたが、
出演される生徒さんはもちろん、
その他のお子さんや親御さんにぜひ読んでいただきたい1冊です。

大人であっても、発表会は緊張しますよね。

子どもだったらなおさら緊張をするのではないでしょうか。

『ピアノはっぴょうかい 』の絵本を読むことで、
発表会に出演される生徒さんはもちろん、
他の楽器やスポーツなどの習い事をしているお子さんも、
発表会や試合などに
「大丈夫!」と思って臨める可能性が高くなるのではないかと思います。

そしてこちらの本を読んだ親御さんにとっては、
お子さんの気持ちがわかる手助けになるのではないでしょうか。

ぜひぜひ、読んでみてくださいね(^^)

1 / 1612345...10...最後 »

Copyright© 2011-2017 ピアノ教室 PIACERE All Rights Reserved.Website is created by pianohp.com